コングWEBカタログトップ フォトギャラリー 車両諸元・価格表 カタログ請求・お問合わせ
現在展示中の販売代理店   キャンピングカーパーク(群馬)
 
  人気のスズキ・エブリィをベースにした軽8ナンバーモデルです。
シンプルで程良いカジュアル感が、日常の通勤や買い物でも、気分を盛り上げます。もちろんフィールドに出掛ければ、トライキャンパーで培った
キャンピングカーとしての機能にも感心していただけることと思います。
 
 
  ベッドを使わない時は、大きなカーゴスペースとして使えます。セカンドシートは足元広々。日常使いも快適です。  
  KONGは、もっとカジュアルで気楽に旅を楽しむために開発された、新しいタイプのキャンピングカーです。
装備を厳選し、キャンピングカーとしての機能性 / 耐久性を備えながら、普段乗りはもちろん、フォーマルにも通用するシンプルなフォルムで、使って初めて分かる機能性と使い勝手の良さが備わっています。
 
 
 
  簡単アクションで広々ベッド展開。煩わしさはありません。ベッド状態で利用するダイニングスペース。ここで過ごす時間が至福のひとときです。  
 
破断、引張に優れ、100%UVカット、耐水圧1000oの店舗用軽量キャンバス生地を採用しています。耐水圧1000oとは普通の雨では浸水しないというレベルで実用上十分と考えます。

ただ浸水するようなレベルの雨の場合には、実際は生地そのものよりも、縫い目などからの浸水が殆どです。そのためテントの縫製は熟練した技術と経験が必要とされます。
縫製作業も含め自社工場で生産管理されています。

また良くあるご質問ですが、より耐水圧が高い生地を使うことは簡単ですが、当然表面のコーティングが厚くなりますので重たく、ゴワゴワして扱い難い生地になります。

さらには通気性が犠牲になり、結露しやすい上に、限られた空間では軽い酸欠状態になる恐れもあるため、ポップアップ軽キャンパー20年の経験から、今のテント生地が最もバランスがとれたものと考えています。
 
 
使用頻度を考えて必要最低限にしました。シンクは蓋付きとし、使わない時は長いテーブルとして利用できます。   収納庫の床板は取外し式で、荷物のサイズに合わせて使い分けられます。   給水、排水タンクは各10リットル。取り出しやすさを優先させています。
 
 
 
サブバッテリーをはじめオプションのバッテリーチャジャー
などは、セカンドシート下のスペースに無駄なく設置。
  携帯電話を置いたり、目覚まし時計を置いたりと何かと便利です。   旅行に欠かせないガイドブックをたっぷり収納できます。
 
 
エンジン停止中でも動作できる暖房で、FF式なので室内の空気を使わず安全で排気は車外へ排出しますので就寝中も安全に使用できます。もちろん運転中の音も静かですので周囲の方への配慮も充分です。   海水浴後の手足の砂や塩を落とす時、ペットやちょっとしたものを外で洗いたい、そんな時蛇口が伸ばせて外で使えます。   サブバッテリーの電圧を常に監視してバッテリー上がりを未然に防ぎます。サブバッテリーの電圧が下がると電気供給を自動的にカットします。
 
 
 
車中泊もいいけど蒸し暑くて、窓を開けたいけど虫の浸入が・・・なんて経験ありませんか?そんな時網戸があれば問題解決です。両サイドとバックドア用に設定していますので便利な場所を選んでオーダーできます。もちろん全てのドアでもOKです。   車内の目隠しとガラス面の断熱を共に考慮した逸品です。冬の車中泊はガラスからの冷気の侵入が問題です。断熱材入りのシートを車内からガラスに貼り付ける事でガラス面からの冷気浸入をシャットアウトします。もちろん車輌全面分ありますのでカーテンの代りに目隠しとしても利用できますので1年を通して使用できます。   自転車って車内に入れて運ぶと結構カサ張るものですがサイクルキャリアがあれば車輌背面に自転車を積んで気軽に目的地まで運べます。
自転車はもちろん、リアBOXを取り付けることも可能で、自転車を積まない時も専用のBOXを付けて汚れ物や生ゴミ等を車内収納することなく持ち歩けます。
 
 
         
 
 
         
 
 




コングWEBカタログトップ フォトギャラリー 車両諸元・価格表 カタログ請求・お問合わせ

 
キャンピングカー関連製品輸入・販売・真空サンドイッチパネルボディー製作  
株式会社フィールドライフ販売 〒377-0002 群馬県渋川市中村755-1 TEL 0279-22-4841 FAX 0279-24-1999 E-MAIL:office@c-park.jp
Copyright 2013 © FIELDLIFE CO.LTD. All Rights Reserved. -0901-20FA13-